大阪の奇妙なセフレを知っています

「大阪が滅びるだろうと言われたら?」

「それは奇妙な話です。」

「私は知っています、私は一日中心配しています、あなたが私を混乱させてしまってすみません。」

「混乱しない」

「大阪にお邪魔してもらえませんか?」

「あなた、それは憂鬱です。」

「暗いですか?」

「大阪、考えるのは無意味です。」

“無駄?”

「ええ、あなたは一日を無駄にしました、それは本当にばかげています(笑)。」

「……」

「まあ、確認がない限り。」

「確認ではない…」

“何かがあるの?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です