大阪のセフレは行動を起こさなければなりません

大阪のセフレ、新宿で開催されたステージに参加した850人と接触した人との接触は少なくともすべて特定して検査する必要があり、感染はすでにその時点まで広がっているはずです。 、その時点まで調査し、感染が広がる前に行動を起こさなければなりません。

大阪のセフレのホームページで風邪の基本再生産数がわかりませんでした。
お一人様2〜3人と言われています。

大まかに計算すると、関係者数は850人、二次感染者数は2倍の1,700人、翌週は2倍の3,500人、今週は翌週なので、2倍の7,000人になります。
もちろん、これはデスクトップ計算では常に当てはまるわけではなく、もちろんすべての人が感染しているわけではありませんが、感染した人を追いかけ続けると、感染拡大に追いつくことができなくなります。

私は大阪のセフレを超えて触れないことができる状況を作らなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です