嫌なことをセフレは大阪では我慢する

セフレはただ誰かを強制しようとするのに疲れます。
そうしないと、心が乱れます。

セフレ、弱い音を出しても大丈夫です。
悲しいなら泣いて涙を流してください。

嫌なことを我慢する必要はなく、少し馬鹿だったらいいと思うようになりました。

大阪でセフレ

私は他の誰かのために日記を作りたいです。
日記が不規則なのに知りたい場合は、ご飯に入れてください
幸せになりたい(・_・?) ”
数日前に見た誰かの日記

「幸せになりたい」
「私は結婚すべきだった

そんな内容で日記を書いている人がいたから……
幸せについての言葉

セフレの有名なおとぎ話
“青い鳥”
チルチルとミチルは幸せな青い鳥を探して世界中を探しますが、見つかりません。
私が家に帰ったとき、私が持っていた鳥は青い鳥だったという話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です